« Books 「新サッカー論」~サッカーとアートのカオスな関係 | トップページ | 「二名坂」の無縁仏に手を合わせつつ »

2010年7月17日 (土)

二名公民館から鴻ノ池陸上競技場へ

(写真:携帯電話)

 7/17(土)午後、二名公民館での利用者連絡協議会の役員会議に出席した。案件は、秋の館外合同研修会、利用者研修会についてだった。その会議が終わるやいなや、近鉄富雄駅まで徒歩で出て、電車に乗って近鉄奈良駅で下車して、徒歩で鴻ノ池陸上競技場へと向かった。

 来週に同競技場で開催される「奈良市少年サッカーフェスティバル」の会場利用について、同競技場職員と打ち合わせをするために。それは行政がらみの形式主義だと思うのだが、やむなく出向いた。7月初旬には利用手続きに伺った。今夏、二度目の鴻ノ池詣でだった。

 同競技場では、「奈良県中学校通信陸上競技大会」が行われていた。30分ほど、中学生たちの一生懸命に走る姿を観戦した。ふと、思い出した。この大会は「通信陸上」という名だった。かつての「放送陸上」のつながりなのだろうか? はっきりと確かめなかった。私は中学校時代は陸上部だった。「放送陸上」の名を懐かしく思い出した。

2010717_003

2010717_002

2010717_001 
 

« Books 「新サッカー論」~サッカーとアートのカオスな関係 | トップページ | 「二名坂」の無縁仏に手を合わせつつ »

モノローグ」カテゴリの記事