« JR鶴橋駅のきっぷ売場 | トップページ | 「シルエットロマンス」を口笛で吹きながら »

2010年7月16日 (金)

最近お世話になっている「KFC」



 最近、平日の朝にお世話になっている「KFC」だ。「Kフットボールクラブ」ではなく「ケンタッキーフライドチキン」だ。近鉄八尾駅の高架下にある。「カーネル」おじさんに朝の挨拶をしながら店内に入り、ブレンドコーヒーを注文する。20分ほどの憩いの時を過ごす。

 かつて、早朝いきつけは「マック」だったが閉店となってしまった。「マック」に自然と集っていたものたちは、閉店とともに居場所を喪失した。不思議と「類は友を呼ぶ」かどうか解らないが、「マック」ご用達の者たちが、「ゲルマン民族の大移動」か、それとも「子羊の気まぐれ移動」か、「KFC」に集結した。

 私もまたその一団のひとりである。毎朝、同じ顔ぶれを見かけると、ほっとすることがある。顔を見かけないと、体調でも崩したのだろうか、休暇なのだろうか、出張なのだろうか、などなど思い巡らせる。名も知らぬ者たちのことを心配することもないのだが、やはり気になってしまう。どこかでつながっているのだ。

« JR鶴橋駅のきっぷ売場 | トップページ | 「シルエットロマンス」を口笛で吹きながら »

モノローグ」カテゴリの記事