« Books 「スペインサッカーの神髄」 | トップページ | 鶴橋市場内の地蔵尊 »

2010年6月17日 (木)

職場で「認知症サポーター養成講座」を受講した

Img_0003_3 6/17(木)午後、職場の関係で「認知症サポーター養成講座」を受講した。認知症とは?その行動・心理症状とその支援、認知症の診断・治療、認知症の人と接する時の心がまえ等々のレクチャーを受けた。

 (認知症の人への対応の心得 “3つの「ない」”)
①驚かせない  ②急がせない  ③自尊心を傷つけない

 



(具体的な対応の7つのポイント)
・まずは見守る
・余裕をもって対応する
・声をかけるときは一人で
・後ろから声をかけない
・相手に目線を合わせてやさしい口調で
・おだやかに、はっきりした滑舌で
・相手の言葉に耳を傾けてゆっくりと対応する

 わが国は世界でも例のないほどに最速の超高齢化社会が到来する。今日はふと認知症の人々のことについてのレクチャーを聴きながら、「人間としての尊厳」について考えてしまった。存在としての子どもと老人は、当たり前のことだが同価値の人間的存在なのだ。

« Books 「スペインサッカーの神髄」 | トップページ | 鶴橋市場内の地蔵尊 »

モノローグ」カテゴリの記事