« Books「ジョ−ジ・ベストがいた~マンチェスター・ユナイテッドの伝説」 | トップページ | 興味ある検索ワード 2010.5.22 »

2010年5月22日 (土)

シンデレラ・タイム近くの待合室



 5/21(金)夜、シンデレラ・タイム近くの近鉄富雄駅ホームの「待合室」である。誰もいない。「ジョージ゙・ベストがいた」(著者:川端康雄/平凡社新書)という貴重な本を読み終えた場所だ。

 「待合室」とは何を、誰を待つ場所なのだろう?電車だけなのだろうか?殺風景な場所で、今まで幾度も通りすぎ、入ったこともなかった空間が、その夜、初めて愛おしく思われた。「待合室」は、「知」が訪れるのを待つ場所でもあるのだ。
 

« Books「ジョ−ジ・ベストがいた~マンチェスター・ユナイテッドの伝説」 | トップページ | 興味ある検索ワード 2010.5.22 »

モノローグ」カテゴリの記事