« 今日の個人的キーワード~湖南市立日枝中学校にて | トップページ | ソレステU-15 決勝リーグ進出ならず! »

2010年5月 3日 (月)

5/3湖南市立日枝中学校グラウンド情景

201053_004

 5/3(月)奈良を7:00に出発した。滋賀県・湖南市日枝中学校グラウンドへ到着したのが8:45頃だった。この地へは一昨年のこの季節に初めて訪れて、今回で2回目だ。グラウンドの広さと背景の緑の小山が印象的な素敵な場所だ。黄色のコーンが気になった。

201053_005

 青い空、緑の小山、クレーのグラウンド、コーンとソレステのユニフォムの黄色。色彩的に、緑を背景として黄色が浮き立つ。客観的なものではなく、あくまでも極度な主観、感情移入の末の思い込みなのだろう。

201053_001

 黄色のコーンはよい。赤色のコーンであったならば、写真のフレームに入れる気持ちは湧かない。黄色がよいのだ。誰がなんと言おうが、わがソレステのクラブカラーなのだ。

201053_003

 サッカーは誰に強制されることもなく、自由に動き廻ることができる。私の目の前を左右にだけ一生懸命に動いている。仲間のゲームのために走るラインズマンの選手だ。黄色がまぶしい。ピッチの中だけが選手ではない。ピッチの外にも選手がいる。当たり前のことだ。子どもたちは、大人の心配をよそに、それぞれの思いの中で一日を生きている。

201053_012

201053_013

 私はサッカーを観戦することが好きだ。付加えれば、サッカーを観戦する人を観戦することも大好きだ。それぞれの思いと想いが後姿の中に垣間見ることができる。

201053_010

201053_011

 中学校の横で住宅フェアのイベントをしていた。青空にポッカリとアドバルーンが浮かんでいた。まるで気球のように見えた。空に浮かぶ青色の球体は、サッカーボールのようにも見えた。「きぼう」と「のぞみ」という言葉が自然と浮かんだ。 

201053_015

 今日は初夏のような陽気だった。グラウンドにいるのだが、どこかのビーチにいるような錯覚に陥った。砂浜、海、その向こうに緑の小島。ソレステの一団と、南洋のパラダイスへと出かけてきたような、不謹慎でありながらも、ちょっとばかりの至福のひとときであった。
 

« 今日の個人的キーワード~湖南市立日枝中学校にて | トップページ | ソレステU-15 決勝リーグ進出ならず! »

ソレステレージャ」カテゴリの記事