« 二名春日だより2010.4.9 | トップページ | 4/10(土)中京大 東海大学サッカーリーグ開幕! »

2010年4月10日 (土)

「ジュンク堂書店」難波店へ立ち寄った

Img

 4/9(金)午後8時すぎ、職場からの帰りに遠回りして、大阪・難波の「ジュンク堂書店」難波店へ立ち寄った。痛風の左足ひざの痛みは相変わらず、駅の階段の上り下りは手すりに掴みながら太極拳のごとく、ゆっくりと歩いている。まっすぐに自宅へ戻れば良いのだ。なぜ、そこまでして書店へ行きたいのか?

 私は読書家でもなく、「知らない」党の「知りたい」派に属する。確かに書店へ立ち寄る頻度は多い。本格的に本を読み出したのは高校2年生の夏だった。遅かったと思う。大成通の路地裏の実家には本は無かった。本を読むような環境ではなかった。ただ、「知りたい」という欲求が私を書店へ向かわせている。昨晩もサッカー関係の新書本を一冊買った。

 「ジュンク堂書店」難波店の広大なフロアーを出て、地下街「なんばウォーク」の居酒屋「大ざわ」で止まり木をした。「生ビールちょうだい!」と注文すると、「黒生がありまっせ!」と店の人が元気そうな声で言うので、「ほんなら、それちょうだい!」と信念もなく答えた。

 黒生ビールをぐっと飲み、買ったばかりの「日本サッカーが世界で勝てない本当の理由」という新書本のページを繰った。金曜日の夜の至福のひとときであった。

« 二名春日だより2010.4.9 | トップページ | 4/10(土)中京大 東海大学サッカーリーグ開幕! »

モノローグ」カテゴリの記事