« [幻想と詩とエロチシズムの寺山修司・映像詩展2010」 | トップページ | 「As Time Goes By」(時の過ぎ行くままに」から「カサブランカ」を思い出して »

2010年4月17日 (土)

「Ikoma City Side ジャズオーケストラ」コンサート風景2010.4.17

 4/17(土)イトーヨーカ堂奈良店4階特設ステージで、「Ikoma City Side ジャズオーケストラ」のコンサートがあった。娘が出演するので出かけた。

 私は午前中の所用を済ませてから、妻は別行動で電車使って、娘の旦那と私の孫は乗用車で会場で落ち合った。

 事前にチケットを購入してコンサートに出かけるのも、楽しいものだが最近は全くと言っていいほどにご無沙汰だ。繁華街でのストリートライブなんかは気軽なので、偶然にでっく合わす時は、ちょっと立ち聞きをする。屋内のミニコンサートも好きで聞きに行くときもある。

 今日はジャズのオーケストラ、いや私が好きな言葉を使えば「楽団」のミニコンサートだった。グレン・ミラー楽団、デューク・ウエリントン楽団、ベニー・グットマン楽団などを思い出してしまう。

 今日の演奏曲の中では、ヘレン・メリルが歌っていた「You'd be so nice to come home to」が大好きだ。心地よい気分で体でリズムをとっていた。

2010417_012

2010417_015

2010417_003

2010417_016


2010417_019

2010417_025


2010417_021


2010417_026 

 ミニコンサートが終了して、私と妻は、孫をベビーカーに乗せて帰還することになった。「ジェミニ」や「アポロ」のように宇宙から地球への帰還の任務を授かった。イトーヨーカ堂奈良店から近鉄奈良線の新大宮駅まで、ゆっくりとベビーカーを押して15分ほど歩いた。

 駅から準急電車に乗った。孫にとって初めて電車に乗った記念すべき日である。妻は日頃見せないような楽しそうな表情で孫をあやしていた。私は折りたたんだベビーカーのそばで、その姿を眺めながら黙って突っ立っていた。

 ヘレン・メリルのハスキーな声を思い浮かべながら、「ああ!俺も孫の子守をするような年になったのか!」と、心の中でつぶやいていた。良きにつけ悪しきにつけ、時は移り、時代は変わった。

「イトーヨーカドー堂奈良店」Webサイト

« [幻想と詩とエロチシズムの寺山修司・映像詩展2010」 | トップページ | 「As Time Goes By」(時の過ぎ行くままに」から「カサブランカ」を思い出して »

音楽」カテゴリの記事