« 「隠岐島コミューン伝説」 | トップページ | 奈良のまちかどで見かけた人形 »

2010年3月 6日 (土)

「鶴橋ひる市」のパンフレットを見て

Img_0001  3/5(金)夜、仕事帰りに鶴橋へ立ち寄った。お決まりのポイント、御幸森天神宮と比売曽神社へ。近鉄鶴橋駅東口で、「鶴橋ひる市」のパンフレットを手に取った。

 4/3(土)11:00~14:00に、鶴橋鮮魚卸売市場で開催されるという。「まぐろ解体ショー」「鮮魚市場探訪ツアー」 「市場クイズラリー」「お魚食育コーナー」「地域活性コラボコーナー」等のイベントがある。

 鶴橋駅に降り立つと独特な「焼肉」の匂いが立ち込めている。最近は、旅行雑誌を持った人々を多く見かける。一般的には、「鶴橋=焼肉」というイメージがある。ただ私は少なくとも、「鶴橋=鮮魚」というイメージの方が強い。

 幼い頃からその市場の朝早くからの雰囲気と密集した魚屋の光景を見てきたことが、「鶴橋=鮮魚」というイメージを抱かせ続けているのだろう。その日も、居酒屋でまぐろの造りを注文した。甘みがあっておいしかった。

 「鶴橋ひる市」というイベントがあると知ると、出かけたくなる衝動にとらわれえる。ふとパンフレットを見ると、「つるはしお魚クラブ 会員登録無料」という入会案内があった。誘惑に駆られながらも抑止した。

「鶴橋人情市場」公式サイト

« 「隠岐島コミューン伝説」 | トップページ | 奈良のまちかどで見かけた人形 »

うぶすな鶴橋」カテゴリの記事