« 東大寺薬湯「天真」の湯につかり | トップページ | 「パルセイロ選手日記」ブログサイト開設の報告を受けて »

2010年2月23日 (火)

漢方の香りがたまらなく心地よい~東大寺薬湯「天真」

 今晩もまた、わが家の浴槽に「東大寺薬湯“天真”」を入れて入浴した。浴室に立ち込める漢方の香がたまらなく心地よい。血行がよくなり背骨と肩の痛みが和らいだ。

 古来、光明皇后は施薬院を創設して人々の病を救済した。「東大寺薬湯“天真”」は、同皇后の1250年忌に東大寺施薬院から発売されたものである。「修二会」の本行に入る錬行衆が、今もこの薬湯を使っているという。

 私のお気に入りのひとつとなった。私は二月堂の売店で購入したが、東大寺境内の売店でも販売されている。二袋入りで700円だ。東大寺近くに出かけた折には、是非とも購入しようと思う。

« 東大寺薬湯「天真」の湯につかり | トップページ | 「パルセイロ選手日記」ブログサイト開設の報告を受けて »

まほろば奈良」カテゴリの記事