« 「平城遷都1300年祭」の開幕が近づくが | トップページ | 「シネマの手帖」~別冊「暮らしの手帖」 »

2009年12月12日 (土)

「菊池契月展」のパンフレットを観ながら

Img  生誕130年記念「菊池契月(きくち けいげつ)展」
【開催日】2010年1月2日(土)~1月24日(日)
【会場】 美術館「えき」KYOTO

 昨晩、なにげなくJR鶴橋駅の駅頭で「菊池契月展」のパンフレットを手に取った。自宅へ帰る電車の中で眺めていた。繊細でありながら凛とした女性の姿が描かれていた。幾枚かの絵が掲載されていた。その絵に惹き付けられた。

 恥ずかしながら無知をさらけ出すと、私は「菊池契月」という画家を存じ上げていなかった。美術に造詣が深い人々にとっては著名なのだろうが、私は今まで知ることもなかった。自分自身を恥じた。

 プロフィール・解説を読み、「現在の長野県中野市で生まれた契月は・・・」という一文から、縁あって訪れた信州・中野を思い描いた。そうか、「故郷」「紅葉」などの唱歌の作詞をした高野辰之と、また、AC長野パルセイロのサポーターのご家族と同郷なのだ。

 高野辰之は1876年(明治9年)、菊池契月は1879年(明治12年)の生まれだ。幼少時代をその地で過ごしたのだろう。そこに何らかの交錯する時空はあったのだろうか? そのような他愛もない事柄が脳裏に浮かんだ。2009年5月16日(土)、私はJR飯山線「替佐駅」から徒歩で、「高野辰之記念館」をめざした。その道すがらの風景が眼前に蘇った。

 正月早々から「菊池契月」の展覧会が開催される。新たな年の初めに、その展覧会へ出かけようと思い抱いている。
 

« 「平城遷都1300年祭」の開幕が近づくが | トップページ | 「シネマの手帖」~別冊「暮らしの手帖」 »

文化・芸術」カテゴリの記事