« 「菊池契月展」のパンフレットを観ながら | トップページ | 「文化としてのスポーツ」についての年一回の発表会を楽しみにして »

2009年12月12日 (土)

「シネマの手帖」~別冊「暮らしの手帖」

Img_0001

 別冊「暮らしの手帖」で、「シネマの手帖」が刊行された。DVDとして発売されている昭和の名画編として250本の映画リストが紹介されている。1954年(昭和29年)~1984年(昭和64年)までの邦画・洋画作品を眺めていると、私自身が映画館やテレビで観た印象深い作品も並んでいた。

 「映画を観るのは好きですか?」「いつ頃から映画が好きになったのですか?なぜですか?」と、若かりし頃には聞かれたこともあったが、この30年近く、日常生活の中で他人からそのような質問を聞かれたことがない。

そのようなことを聞かれれば、第一の問いには間違いなく「好きです!」と答える。第二の問いには、「小学生高学年頃から。現実とは別の時間と空間と物語を体験できるから。」と答えるだろう。

 映画を見るきっかけは、私の実家である祖母が営んでいた路地裏の駄菓子屋の店前に、近くの商店街の映画館ポスターが貼ってあった。その貼り代として祖母は「無料入場券」をもらい溜め込んでいた。集団就職で地方からやってきて近所の鉄工所で働いているお兄ちゃんたちへ、また駄菓子のおまけとして路地裏の子どもたちへ配っていた。

 祖母は私に、「新橋通へ映画でも見てきたら?」と近所の仲間たちの分の無料入場券をくれた。3~4人でお菓子を手に持ち、徒歩10分の「新橋劇場」「二葉館」へとよく出かけたものだ。場末の映画館であるため東宝系と東映系の映画が、繁華街より一足も二足も送れて二本立て三本立てで上映されていた。 

 東映系の「チャンバラ映画」、東宝系の「駅前シリーズ」「社長シリーズ」「若大将シリーズ」「怪獣映画」などをよく観たものだ。今から考えると少なくとも月一回以上は映画館へ行ったような気がする。祖母と無料入場券の絶大なる力があったからこそだった。

 小学校では「映画会」があった。学校の講堂にスクリーンを貼り、近くの映画館の映写技師が、いや、おっちゃんがやって来てフィルムを回し映画が上映された。「運動会」と同等に「映画会」が学校行事だった。たまに、講堂ではなく学校から徒歩5分の「新橋劇場」へと「映画会」に出かけたこともあった。

 私の小中学校時代は、私にとってテレビという代物が絶大なる力を発揮しようとしていた。小学校高学年からテレビを通して洋画が映し出されていた。ちょうど夕刻頃に「名画座」という映画番組が上映されていた。私が初めて観た洋画はテレビを通してであった。

 遊び終わった後に、路地裏のわが家の小さなテレビで、「禁じられた遊び」「鉄道員」「ローマの休日」「山河遥かなり」という今でも印象深い作品を見たのが記憶に残っている。「新橋劇場」「二葉館」で上映されている邦画作品に興味が薄れだした。

 高校時代は映画館へ出かける機会がめっきり減った。映画館へ出かけたのは数度だろうか。初めて女の子と二人で映画を観たのは、梅田・北野劇場でのキャサリン・ヘッバーン主演の「冬のライオン」だった。題名だけは覚えているが内容はまるっきり覚えていない。「ロミオとジュリエット」「ある愛の詩」なども見た記憶がある。

 祖母の無料入場券の力の範囲が届かなくなったのだ。繁華街は遠かった。映画を見るのにお金が必要だが、私にはそれがなかったのだろう。それでも、テレビの「日曜洋画劇場」で映し出される作品をよく観た。淀川長治さんの解説を聞くのを楽しみにテレビに釘付けになっていた。

 祖母の無料入場券にはじまった「映画」なのか「シネマ」なのか「キネマ」なのかわからないが、バイトをして資金を調達することができる大学時代はよく映画館へ通った。ちょうど邦画低迷期でありながらも、その頃は「ATG(日本アートシアターギルド)作品」が強烈な印象を私に印象づけた。

 社会人になってからは映画館へ出向く頻度は極端に減った。それでも年に何回は足を運び続けている。祖母の無料入場券が意図はなかったとしても私に「映画」の世界の楽しさを伝えてくれたことは間違いない。「シネマの手帖」のページを繰りながら、路地裏の駄菓子屋に貼ってあった映画ポスターを前に、祖母が「この映画見てくるか?」と、私と一緒にポスターを眺めた光景を思い出す。

P.S. あの頃、「新橋劇場」で上映された「駅前シリーズ」「社長シリーズ」が大好きだった。

« 「菊池契月展」のパンフレットを観ながら | トップページ | 「文化としてのスポーツ」についての年一回の発表会を楽しみにして »

映画」カテゴリの記事