« 10/11(日)二名カップの早朝に | トップページ | 早朝のグラウンドでの心象風景 »

2009年10月12日 (月)

高宮杯・チャレンジリーグ決勝

10/10(土) 葛城市新町公園球技場
【高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権奈良大会決勝】
 奈良YMCA 7-1 ソレステレージャ奈良2002 (2-1/5-0)

【チャレンジリーグ2009決勝】
 奈良YMCA 5-1 ソレステレージャ奈良2002U-15 (4-1/1-0)

 競技スポーツの第1目的は「勝つこと」「勝とうと全力を尽くすこと」にある。しかし多くは勝利の美酒に酔うことは数少ない。ほんとうにフットボールを愛し打ち込んだ者たちは、敗れた時、素直に敗北を認め、頭を垂れず、相手を称え、心が沈まず、すぐに攻守の切り替えのように、次に備え進もうとする。そのような態度を有する者のことを「Good Loser」(良き敗者)と呼ぶ。

 先日、ジュニアユース指導者から頂いた選手・保護者向けに配布されているソレステ通信「パッション」(2009.9.1)の一文が眼に入った。11年前のわが息子の雑文であった。「これで一つの区切りがつき、いつまでもクヨクヨしないで新しいスタートにしたい。」(1998.6.21) 確かにそうだ! ソレステレージャ奈良2002ジュニアユースの選手・指導者よ、「Good Loser」(良き敗者)たれ!

« 10/11(日)二名カップの早朝に | トップページ | 早朝のグラウンドでの心象風景 »

ソレステレージャ」カテゴリの記事