« 18:00 水道橋の宿舎に到着した! | トップページ | 「パパ!パパ!」と呼ぶ言葉は、実に素敵だった!! »

2009年10月17日 (土)

全社1回戦 AC長野パルセイロのゲームを観戦して

20091017_004

 10/17(土)千葉県・市原スポレクパークで開催された「第45回全国社会人サッカー選手権大会」1回戦、AC長野パルセイロ(長野)対クラブ・ドラゴンズ(茨城)のゲームを観戦した。その結果は、
AC長野パルセイロ 4-0 クラブ・ドラゴンズ (1-0/3-0)

 パルセイロは前半4分、6分に序盤で、相手DF裏にいいボールが出て決定的なチャンスを迎えたが、ドラゴンズGKに阻まれゴールを決めることができなかった。序盤で優位に立つ絶好の機会を逃し、私には心なしか暗雲が脳裏を横切った。決めておかなければならないところを決められないことは後に尾が引かなければよいがという老婆心が生じた。

 前半、パルセイロにはボールコントロール・パスの精度が低く感じられる局面があった。ドラゴンズの中盤での速いアプローチがパルセイロペースを遮った。確かにドラゴンズは個人的な能力も高く、中盤でのルーズボールを奪い、ショートパスでポゼッションを確保し、パルセイロ陣内に攻め込むことも多かった。パルセイロは中盤での安定したポゼッションを確保できなった。

 前半はドローかと思っていた。しかし、前半36分、右サイドからのクロスをペナルティエリア外中央でポストプレー気味に受け、後ろへ落として、走りこんできた選手がシュートし先制点を叩き出した。均衡は破られた!後半残り少ない時間帯でゴールを決めたことは、パルセイロにとって後半へつなげる優位をまずは確保した。

 後半に入って、パルセイロは2分に左サイドでグランダーパスで同サイド前線のスペースへボールが出た、ドリブルでボールを運びクロスを中央へ、ゴール前でシュートを放つが、如何せん枠に行かずはずれた。決定的なチャンスを逃した!

 しかし、後半7分、右サイドからのクロスで一瞬、ドラゴンズのプレーが止まった瞬間に、パルセイロがゴールし、2-0となった。その後、パルセイロはボールが動くリズムが出てきた。ドラゴンズは守勢に回った。ただ、パルセイロは、コントロールミス・パスミスでボールを失うことも眼についた。後半30分、パルセイロは中盤から相手DF裏へボールが出て、3点目を叩き出した。続いて後半36分、さらに追加点を挙げ4-0としゲームは終了した。

 クラブ・ドラゴンズは流通経済大学セカンドなのだろう。局面において中盤でのポゼッションを確保してパルセイロが窮地に追い込まれる場面もあった。クラブ・ドラゴンズは確かに魅力を感じさせてくれるチームであった。

 パルセイロは確かに勝利したが、意外と局面でマイボールを簡単に失う場面もあった。パスミス、コントロールミスで相手ボールにさせてしまったことが眼についた。おそらく、修正して明日の2回戦、沖縄かりゆしFCとの一戦に望むのだろう。水道橋のビジネスホテルで心から奮闘を祈念している!

20091017_002 20091017_009 20091017_010 2009927_003

« 18:00 水道橋の宿舎に到着した! | トップページ | 「パパ!パパ!」と呼ぶ言葉は、実に素敵だった!! »

パルセイロ」カテゴリの記事