« チャレンジリーグ、ソレステ U−15 準決勝へ | トップページ | 今日、ブログアクセス数が210,000を超えた! »

2009年9月27日 (日)

畝傍山を眺めながらのサッカー観戦

2009927

チャレンジリーグ準々決勝、ソレステU-15対平城中のゲームを観戦した。
ソレステ 4-1 平城中 (1-1/3-0)

 前半早々、平城中が左サイドからのクロスにあわせてゴール前中央で落ち着いてコントロールしたヘディングで先制点を叩き出した。第三者的に見れば素敵なゴールシーンだった。ただ、ソレステ側の視点からすればいとも簡単にゴールを奪われてしまった。ネガテティブ思考が脳裏をよぎった。だが、今日は違った。ゴールを許してすぐに、ペナルティーエリア外からのミドルシュートが決まり同点に追いついた。前半は1-1で折り返した。

 後半は追加点3点をたたき出し最終的には4-1で勝利した。ただ楽勝とは言いがたい状況だった。ゲームの流れの中の局面で、平城中が優位に立っていた場面も多くあった。確かにソレステは勝利したが、平城中の選手たちのプレーが局面の1対1で優位に立っていた場面も多く見た。

 確かにチームは勝利した。私はソレステ関係者であるが、平城中の選手のプレー、またチームに対して、「いい!いいぞ!」なんて心の中でつぶやいていたことも事実だ。私は平城中サッカー部に対して素直にリスペクトする。

 今日は畝傍山を眺めながらのサッカー観戦だった。畝傍山は、「火がうねる」という意味を持つという。ソレステ保護者で応援に駆けつけた人々は少なかったが、熱烈なる応援は、あたかも「火山」のように、「火がうねる」ように素敵だった。ソレステの黄色いTシャツを着たお父さんに出合った。素敵だった。

 私は素直に言うと、今、所属するチームなどに関係なくサッカーに取り組んでいる子どもたちが,勝敗にこだわりながらも、個人的には、もっと根源的に「火がうねる」ように、サッカー取り組み続けて欲しいと、畝傍山を眺めながら切に願い続けた。

« チャレンジリーグ、ソレステ U−15 準決勝へ | トップページ | 今日、ブログアクセス数が210,000を超えた! »

ソレステレージャ」カテゴリの記事