« ブログは携帯電話で閲覧・記事作成ができる! | トップページ | 2009.9.22「二名春日だより」 »

2009年9月22日 (火)

「海龍山王龍寺」への道しるべ

2009920_018 2009920_014







 私は自宅へ帰る時、近鉄富雄駅から富雄川沿いを15分程度歩き春日橋を左に曲がる。左の写真の「左海龍山王龍寺」の石の道しるべを見た時、「帰ってきた!」という一瞬安堵した気持ちになる。

 そこから5分程度ゆっくりと歩くと、「上王龍寺」の道しるべの前にたどり着く。、急な坂道をあえぎながら歩む時、「ほんとうに帰ってきた!」という大げさな言い回しながらも、日常的なささやかな安らぎである。

 毎日、朝夕、王龍寺の石の道しるべの横を通り過ぎながら生活している。その道しるべがいつ、誰が建立したのかを私は知る由もない。ただ、少なくとも私にとっては、この地に住み続けてから、私の視野を奪い続けている実に愛おしく、お守りのようなものなのだ。

« ブログは携帯電話で閲覧・記事作成ができる! | トップページ | 2009.9.22「二名春日だより」 »

二名(にみょう)」カテゴリの記事