« Books 「空ニモ書カン」 | トップページ | 特別展「聖地 寧波(ニンポー)」~奈良国立博物館~ »

2009年7月12日 (日)

「太陽は美しく輝き あるいは・・・・・」

Photo_5 Photo_6













 太陽は美しく輝き あるいは太陽の美しく輝くことを希ひ
 手をかたくくみあわせ しずかに私たちは歩いて行った
 かく誘うものの何であろうとも 私たちの内の
 誘わるる清らかさを私は信じる・・・・・・・・・・・
 
(わがひとに与ふる哀歌/伊藤静雄)

 
「日本浪漫派」の代表的な詩人・伊藤静雄(1906~1953)が詠った詩の一節である。何かに誘引されて、本棚の分厚い一冊を取り出してページを開いた。黄ばんで破れたパラフィン紙が、永年、本棚に忘れられて見向きもされず、放置され続けていた証なのだろう。償いの意味を込めて、太陽の下で、その本を写真に収めた。

 
「定本 伊藤静雄全集」 昭和49年11月(1974)重版発行、定価4800円となっている。余りにも高価であった。35年前、私が20歳、大学生の頃、大阪市・福島区にあったシルクスクリーン印刷工場でアルバイトをして得た収入をつぎ込んで買った。おそらく大阪・梅田の旭屋書店だったと思う。

 恋歌である。かつて、はじめてその詩を読み、確かに、詩人・伊藤静雄に惹かれた。今、その詩を読んでも同じ想いだ。忘れてはならない「清らかさ」を、消え去ってゆく危うさに怖さを感じながらも、ずっと胸に刻み続けていたい。

« Books 「空ニモ書カン」 | トップページ | 特別展「聖地 寧波(ニンポー)」~奈良国立博物館~ »

恋歌風塵」カテゴリの記事