« 「仏像ガール」が文化大使に~奈良国立博物館~ | トップページ | Books 「テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人」 »

2009年7月19日 (日)

昨晩、「春日野荘」へ

 7/18(土)夜、奈良市少年サッカーフェスティバル大会懇親会に参加のため、奈良市法蓮町にある「春日野荘」へ出向いた。私が気にとめている若い指導者に逢えた。なぜ、気にとめるのか? 答えは、私の高校サッカー部のはるかはるかの後輩だから。元気にしているのか? がんばっているのか?を私は気にとめつづけている。

 日頃、話す機会もなく、酒を飲むこともない。、ほんとうは、電話でもして逢い、話を聴きたい気持ちは多分にはあるが、根っからのシャイな私にはその勇気がない。「元気にしているのか? がんばっているのか?」と聞くと、「はい!」という答えが返ってきた。私は少しばかり安心した!

 奈良で顔を合わす機会が少ないにも関わらず、幾年か前、はるか離れた東京、後楽園近くのビジネスホテル、その大浴場で夜遅く偶然にも会ったことは、今も私は忘れられない。何かの「赤い糸」なのだろうか? 昨晩、その若い指導者と会話を交わしながら、ふと、その日のことを思い出した。わが息子と同じ年頃のその若い指導者の奮闘を心から祈っている。

「春日野荘」公式サイト

« 「仏像ガール」が文化大使に~奈良国立博物館~ | トップページ | Books 「テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人」 »

モノローグ」カテゴリの記事