« 7/4 奈良市・鴻ノ池運動公園の空、雲、樹 | トップページ | Books 「NARASIA」(ならじあ)~日本と東アジアの潮流~ »

2009年7月 4日 (土)

ぬばたまの 黒髪山の 山草に・・・・・

Photo_9 Photo_10










 奈良市・鴻ノ池陸上競技場の奥の小山の頂き近くに、「万葉の苑」がある。小さな緑の苑である。緑濃き木々と「万葉集」のさまざまな歌が記された標があった。その奥まった場所に、万葉学者として著名な犬養孝さんの書が刻まれた万葉集の歌碑があった。

 歌碑に刻まれた文字をじっと見ながら一字一字を読み解こうとしたが、わかりづらかった。傍らに立つ木標を見て、やっとのことでその歌を知りえた。正確な解釈をするほどの知識を持ってはいない。ただ直感的であるのだが、恋歌の香りがした。

「ぬばたまの 黒髪山の 山草(やますげ)に 小雨降りしき しくしく思ほゆ」
(作者不詳/万葉集)

« 7/4 奈良市・鴻ノ池運動公園の空、雲、樹 | トップページ | Books 「NARASIA」(ならじあ)~日本と東アジアの潮流~ »

まほろば奈良」カテゴリの記事