« 桜の花と照明車 | トップページ | 新・スポーツ宣言「SCネットなら」発刊 »

2009年4月 7日 (火)

「氷室神社観桜芸能奉納」

Photo_4 Photo_5










 4/5(日)午後、氷室神社へ立ち寄った。「観桜芸能奉納」が執り行われていた。何気なく境内へ入った。多くの人々が腰掛けながら奉納行事を観覧していた。外国の方もいた。若者が隅の方で佇みながら眺めていた。最近、神社仏閣でかつてより若者を見かけることが多くなったような気がする。老若男女を問わず、何かの渇望がそのような場所へと誘われるのだろうか。

Photo_6 Photo_7










 和太鼓奏者:神奈川馬匠と吟遊詩人:亜子米のコラボレーションが繰り広げられていた。和太鼓を打ち鳴らす音とその姿に惹きつけられた。しばし、境内の端の方で腰掛けながら、躍動的な音とリズムが自分自身の体中を駆け巡る心地よさに酔った。

Photo_8 Photo_9










 二人のコラボレーションは、5/6(水・祝)、「やまと郡山城ホール」で、「和太鼓と詩の出会い あをによし」として開催されるという。じっくりと聴きたいものだ。

「一打一管」公式サイト

「亜子米」公式サイト

« 桜の花と照明車 | トップページ | 新・スポーツ宣言「SCネットなら」発刊 »

寺社史跡めぐり(大和)」カテゴリの記事