« 奈良県の「消費」 31%は県外へ流出 | トップページ | 「にほんの里100選」 »

2009年3月26日 (木)

お金を払って見たいスポーツは?

 日本経済新聞産業地域研究所の調査によると、観戦料金を払ってでも見に行きたいスポーツの第1位はプロ野球、2位はサッカーだった。男女別の順位を見ると、
男性は、①プロ野球 ②サッカー ③モータースポーツ ④プロレス・K1 ⑤相撲 
女性は、①フィギュアスケート ②プロ野球 ③サッカー ④モータースポーツ ⑤相撲

 わが国では、サッカーよりも野球の方が間違いなく根強い大衆的な人気がある。居酒屋へよく行くが、ここ何年、大衆レベル、あまりに普通の人々の間で、酒を飲みながらサッカーの話をしている人にお目にかからない。プロ野球や高校野球の話をしている人にはよく出会う。野球は大衆に根付いているが、如何せんサッカーは大衆の中に存在しないのが今のわが国の現実であるのかもしれない。

 イングランドのパブで見かけるようなフットボール談義が、わが国でも当たり前のようになるには、「Jリーグ百年構想」というビジョンどおりに100年はかかるのだろうか?

« 奈良県の「消費」 31%は県外へ流出 | トップページ | 「にほんの里100選」 »

スポーツ」カテゴリの記事