« ブルートレイン深夜の別れ | トップページ | 関空第二期空港島&スカイミュージアム~ソレステの子どもたちといっしょに~ »

2009年3月14日 (土)

FM音楽番組 「ジェットストリーム」を聴いていた頃

 3/13(金)朝の通勤電車の中で日本経済新聞朝刊を読んでいると、「ジェットストリーム」放送オリジナル原盤CDの通信販売の全面広告記事が掲載されていた。初代パーソナリティーで絶大な人気を誇った「城 達也」が突然、脳裏に浮かんだ。

 FM音楽番組「ジェットストリーム」は1967年にはじまり、放送時間は月~金、深夜0:00~1:00だった。私は中学3年生の頃からラジオのAM深夜放送をよく聴いていた。高校生になると、音質の良いFM放送を聴きだした。フランク・プゥルセルオ-ケストラの「ミスターオンリー」がオープニング曲にかかり、城達也の語りを聴く時、ほっと安らいだことを思い出す。さまざまなイージーリスニング音楽が心地よかった。たくさんの曲を聴き曲名を覚えた。

 「午前0時、今、旅立ちの時・・・」というキヤッチフレーズ、「ジェットストリーム」CD全10枚組、全152曲収録、定価29,800円という広告の内容を見た。今は買うことができない。でも、いつかは買って、まどろみの中、午前0時に聴いてみたいものだ。

« ブルートレイン深夜の別れ | トップページ | 関空第二期空港島&スカイミュージアム~ソレステの子どもたちといっしょに~ »

音楽」カテゴリの記事