« 京都御所の飛行機雲 | トップページ | 「照明車」とは、どういうものなのか? »

2009年3月28日 (土)

アサヒスーパードライを飲んで地域貢献!

 3/28(土)朝日新聞朝刊によると。4/1(水)よりアサヒビールが、「アサヒスーパードライ」が1本売れるごとに1円を、地域の環境や文化保護のために寄付する活動を始める。対象商品は、缶に「うまい!を明日へ!」のマークが入った製品で、期間は1ケ月、各都道府県ごとの売上高に応じた金額を寄付する。全国で1億5千万円分の寄付金額を見込んでいるという。大阪府では府内にある小学校の校庭の芝生化の資金に投入される。

 酒を飲むことは国への間接的な税金納入という無味乾燥なものだけではなく、飲めば飲むほど地域貢献になるというのも素敵なものである。4/1(水)から1ケ月間限定で、ビールを飲むならは「アサヒスーパードライ」だ。

 早合点して今晩、「アサヒスーパードライ」を買って飲んでしまった。まだ3月でそのプロジェクトはスタートしていない。今日のビールは地域貢献などに関係なく、ただの酔いへの消費でしかなかった。4/1(水)からは頑張ろう!

「アサヒスーパードライ“うまい!を明日へ!”プロジェクト」Webサイト

« 京都御所の飛行機雲 | トップページ | 「照明車」とは、どういうものなのか? »

社会・経済」カテゴリの記事