« 「平城遷都1300年祭」の「まほろばステージ」・「県民活動支援・後援事業」募集中! | トップページ | 「シニア世代よ、再び映画館へ」を読んで »

2009年3月 1日 (日)

今年は、七年に一度の「善光寺御開帳」

 今年は七年に一度の盛儀「善光寺御開帳」の年である。善光寺本堂に安置されているご本尊は秘仏となっている。鎌倉時代にご本尊の見代わりとして前立本尊が造られ普段は宝庫に安置されている。七年に一度だけ特別にその姿を拝むことができる。それが、「善光寺御開帳」だ。

 善光寺は日本最古のみ仏を祀り、1400年の歴史を誇る。宗派を問わず老若男女の庶民信仰の霊場である。創建以来、11回の火災に遭いながらも、そのたびに復建された。国宝である本堂は威容を誇り、宗派に関係なくすべての者たちを受け入れるような懐の深さがある。

 善光寺へは高校時代の夏季旅行で初めて訪れのち幾度か立ち寄った。全国から一度は善光寺へと訪れる人々があとをたたない。「牛にひかれて善光寺参り」。今年は「御開帳」の季節に訪れたいものだと、ふと、日曜日のゆるやかで暖かい朝の日差しの中で思っている。

「善光寺御開帳」公式サイト

« 「平城遷都1300年祭」の「まほろばステージ」・「県民活動支援・後援事業」募集中! | トップページ | 「シニア世代よ、再び映画館へ」を読んで »

文化・芸術」カテゴリの記事