« 先週の日曜日、「かんぽの宿 大和平群」へ寄り道をして | トップページ | 日本サッカー協会 「U-12・S級コーチ」新設へ »

2009年2月21日 (土)

奈良「追分梅林」を歩いて

Photo_6 Photo_7








 2/21(土)朝、奈良市中町にある「追分梅林」の中を歩いた。ゆるやかな丘の斜面に植えられた梅林で、まだ花は6分咲きぐらいだったろうか。梅林には、私と同年代のご夫婦が手をつなぎ梅の花を眺め歩いていた。

Photo_8 Photo_9










 平安時代までは、「花」と言えば「梅」であった。平安時代の後期、歌人・西行が「桜」を詠み出してから、「花」と言えば「梅」ではなく「桜」になった。江戸時代には現在のように「桜」が定着した。しかし、「梅」は「桜」にないしっとりとした趣がある。

« 先週の日曜日、「かんぽの宿 大和平群」へ寄り道をして | トップページ | 日本サッカー協会 「U-12・S級コーチ」新設へ »

まほろば奈良」カテゴリの記事