« 2009年度 都道府県別 社会保険料率ランキング | トップページ | Books 「幕末史」 »

2009年2月20日 (金)

世界で2500言語 消滅危機 ユネスコ発表

 2/19(木)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は世界で2500言語が消滅の危機にあると発表した。わが国ではアイヌ語が「最も危険」な状態にある言語と分類された。南西諸島の各方言も独立の言語とみなされ、8言語がリストに加えられた。

 わが国でアイヌ語の話し手が15人とされ、きわめて深刻であると分類された。わが国では方言として認知されている八重山語、与那国語、沖縄語、国頭語、宮古語、奄美語、八丈語の8言語が、独立の言語として評価され、「重大な危険」「危険」として分類された。

 言語が消滅するということは、歴史的に積み重ねてきた文化の伝達が途切れてしまうことを意味する。わが国は日本語という単一言語の国家であるという錯覚がある。しかし、現実は多様な方言ではなく言語が存在していた。1950年以降、世界で219言語が消滅したという。そのことは、それぞれの固有の文化が消滅したということだ。わが国のアイヌ、南西諸島の言語もその運命をたどるのだろうか。

« 2009年度 都道府県別 社会保険料率ランキング | トップページ | Books 「幕末史」 »

文化・芸術」カテゴリの記事