« 作家あさのあつこ 観戦術「小説よりも面白いドラマ」(読売新聞記事)を読んで | トップページ | 昨晩、「北新地 呼吸チョコ」を買ったのだが!! »

2008年12月31日 (水)

箱根駅伝2009展望

 第85回東京箱根間往復大学駅伝競走が目前に迫った。1/2(金)8:00号砲だ。過去10回の大会では、駒澤大学が6回、順天堂大が3回、亜細亜大が1回の優勝回数である。最近は駒澤大学が圧倒的な実力を誇っている。

 2008年10月、出雲駅伝(44km)では優勝が日本大2.08.27、2位が駒澤大2.08.41であった。出雲駅伝の倍以上の距離である11月の全日本大学駅伝(106.8km)では、優勝が駒澤大学5.16.17、2位早稲田大学5.17.01、3位山梨学院大5.17.54、4位東洋大5.20.18となった。

 箱根駅伝は全日本大学駅伝の倍の距離217.9キロmとなる。出場校上位10名のハーフマラソンの平均タイムを見ると上位から、①駒澤大63.33.4 ②早稲田大63.39.9 ③山梨学院大63.45.6 ④東洋大64.01.8となる。

 今大会は、優勝候補が早稲田大・駒澤大ダークホースが山梨学院大・東洋大となるだろう。長丁場であるがゆえにどのようなアクシデントが生じるかもしれない。城西大・中央大にもチャンスはある。それ以外の各校とも、熾烈な10位以内シード権争いが展開されることになるだろう。

「箱根駅伝」公式サイト

「日本テレビ 箱根駅伝」Webサイト

« 作家あさのあつこ 観戦術「小説よりも面白いドラマ」(読売新聞記事)を読んで | トップページ | 昨晩、「北新地 呼吸チョコ」を買ったのだが!! »

駅伝」カテゴリの記事