« 「旧大阪市立博物館」を眺めて | トップページ | 鶴橋 「高坂書店」で文庫本を買った! »

2008年11月13日 (木)

とりとめもなく歩きながら~大成通り~

Photo_9 Photo_10








 なにげもない場末の町の小さな店だ。人から見ればなんら印象深くもない風景なのかもしれない。しかし、私には違う。この大成通りに住む人々には、私が子どもだった頃にお世話になった。

 あれから45年以上も経つ。家から徒歩1分のこの店で文房具、祖父や父のたばこをよく買いに行った。この牛乳店のおじさんが、小学校のソフトボールの練習の時に、グラウンドへ大きな運搬用の自転車に乗り、私たちのためにフルーツ牛乳を運んでくれた。夏にそれを飲んだ時、元気が出たり、少し上手になったような、強くなったような気持ちになった。その時のことは今も忘れていない。

Photo_11 Photo_12








 朝早い時間だった。店は開いてはいなかった。静けさが漂っていた。私の懐かしき人々が住む家だ。彼らは元気にしているのだろうか?.その日の早朝にこの地を歩きながら、「パトリ」(郷土)である、大成通と大成小学校第三分団のことを思い描いた。

« 「旧大阪市立博物館」を眺めて | トップページ | 鶴橋 「高坂書店」で文庫本を買った! »

うぶすな大成通」カテゴリの記事