« 初対面の人との語らい | トップページ | 「日本人のルーツがわかる本」 »

2008年10月 9日 (木)

「さけ通信」を読みながら「REAL HALF」を飲めずに

Photo Photo_2











 「さけ通信」という無料PR誌を読んでいた。「酒文化研究所」が発行している。「酒」は「文化」なのだろう。日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎、それぞれに、人が絡みあってきた歴史がある。それは確かに「文化」を形作ってきたのだと言える。

 今宵、その雑誌の中で紹介されていた「REAL HALF」などというしゃれたビールの飲み方をしたいと思った。午後10時過ぎから酒屋に出かけることもできない。今日はお預けだ。

 「クリーミィーな泡、なめらかな喉ごしのドラフトギネス」と「ノドを潤す円熟の香味のエビスビール」の二缶とスプーンを使い作り出す「REAL HALF」を一度は試したいと、今思い描いている。

「酒文化研究所」公式サイト

« 初対面の人との語らい | トップページ | 「日本人のルーツがわかる本」 »

モノローグ」カテゴリの記事