« 「アジアコーヒ」のかすれた古看板 | トップページ | 短歌、朗詠と朗読を聴く夜 »

2008年10月23日 (木)

わが「パトリ」、まちの地図

Photo_4

  私が生まれ育った「パトリ」(郷土)のまちの地図だ。「大成通商店街」の入り口に掲げられていた。かつて、私が幼かった頃、そのまちにはさまざまな店があった。

 電車道(千日前通)には、弁天市場、電器屋、肉屋、かばん屋、食堂、喫茶店、「大成通商店街」には、歯医者、文房具店、氷屋、畳屋、ブリキ屋、洋品店、美容室、寿司屋、豆腐屋、酒屋、たばこ屋、制服屋、食堂、たこやき屋、等があった。

 今は商店街と呼べないだろう。それほどの店はない。あの頃の賑わいは、私の目の中に焼きついている。そのまちを歩くと、小学生だった頃に、市場や豆腐屋へお使いに行ったことを思い出す。

 兎追いし、かの山、川もない。美しき自然からは程遠い。美観などはなく、ただただ人が寄り添い生きているまちでしかないのかもしれないが、私にとっては、紛れも無い「パトリ」(郷土)なのだ。

« 「アジアコーヒ」のかすれた古看板 | トップページ | 短歌、朗詠と朗読を聴く夜 »

うぶすな大成通」カテゴリの記事