« 奈良市 NPO活動状況調査についてのヒヤリング! | トップページ | 「ninoco」の帽子 »

2008年8月15日 (金)

「トレドの森」の記録は存在しなかった!

 8/15(金)9:10奈良市役所情報公開課を訪れた。奈良市立二名学校、二名公民館に隣接する「トレドの森」についての資料があるかどうかを調べるためだった。情報公開課の方が親切に「何をお調べなのですか?]と書棚を眺めている私に声をかけていただいた。素直に「トレドの森」のことを調べたい旨を伝えた。なおも親切に国際交流課に電話をしていただき、私の主旨を伝えていただいた。2Fになる国際交流課の方が、6Fの情報公開課まで資料を探して持ってきていただけることになった。私はその場所で待った。

Photo_2 Photo_3 Photo_4  



女性職員が資料を持ってこられた。有り難い。「トレドの森」についての資料が少ないことを伝えられた。2部の資料が提示された。先ずは姉妹都市トレドの町の資料、次の資料を見て驚いた。それは、7/26に私がこのブログに掲載した「トレドの森に立ち寄って」という記事のコピーだった。男女職員に伝えた。「これは私のブログに書いたものです」 「もしかしたら、とは思っていました」と女性職員は私を見て言った。恥ずかしさが私を襲った。穴があれば入りたかった。

 はっきりしたことは、奈良市において、姉妹都市であるトレド市の奈良市二名の地での植樹、また碑の建立の記録は残っていない事実だった。女性職員が聞いていただいたことで判明したことは、その植樹の木がオリーブだったようだ。友好の証としての碑は確かに二名の地に存在する。しかし、記録は存在しない。寂しさが心を過ぎった。

※文中の「トレドの森に立ち寄って」は、当ブログ、7/26付の記事を参照してください。

« 奈良市 NPO活動状況調査についてのヒヤリング! | トップページ | 「ninoco」の帽子 »

二名(にみょう)」カテゴリの記事