« 福井市立郷土歴史博物館と養浩館庭園を訪ねて | トップページ | 「nepia千のトイレプロジェクト」 »

2008年8月20日 (水)

福井新聞論説「橋本左内に学ぶ」

 8/17(日)朝、JR福井駅で「福井新聞」を買い、越前鉄道「福井駅」から「三国港」行きの列車に乗り込んだ。座席に座り買ったばかりの新聞を開いた。第一面からゆっくりと紙面を開いた。第七面の記事が目に入った。「橋本左内に学ぶ」というサンデー論説記事だった。集中して読んだ。

 その記事によると、幕末期に活躍した福井藩士、橋本左内が安政の大獄で獄死して150年に当たるという。福井市では市内にモデル校を設置して、子どもたちに橋本左内の遺徳を継承し愛着心を育てる事業に取り組んでいる。

 子どもたちが、自分自身の住む地域から育った歴史上の有名・無名の人々の生きた証を知ることは、彼らの将来に大きな礎となるだろう。

「橋本左内に学ぶ/福井新聞」Webサイト

« 福井市立郷土歴史博物館と養浩館庭園を訪ねて | トップページ | 「nepia千のトイレプロジェクト」 »

文化・芸術」カテゴリの記事