« 移民社会へのレディネス | トップページ | 「母国語」よりも「母語」の方が用例として一般化している »

2008年7月14日 (月)

ピアノデュオ 「リベルタンゴ」

 Anderson&Roeのピアノデュオが奏でる「リベルタンゴ」(アストル・ピアソラ)を「You Tube」で観た。「リベルタンゴ」は「自由なタンゴ」という意味である。タンゴの革命児アストル・ピアソラの代表曲だ。自由にピアノデュオで奏でる「リベルタンゴ」は、狂うおしくエロチシズムが漂う。タンゴは情念と猥雑さを持つ民族的な文化として、いまもなお存在し続けている。タンゴには反欧米的な匂いが充満している。

「Anderson&Roe/リベルタンゴ」You Tubeサイト

« 移民社会へのレディネス | トップページ | 「母国語」よりも「母語」の方が用例として一般化している »

音楽」カテゴリの記事