« 「無援の叙情」 | トップページ | 「難民キャンプの子どもたち」 »

2008年6月27日 (金)

タンゴがお好きなのですか?

Img  「タンゴがお好きなのですか?」と尋ねられたとしたら、素直に「好きです!」と答える。正確に言えば、タンゴだけが好きなのではなく、もっと広く言えば民族音楽が好きなのだろう。サンバ、フラメンコ、ファド、キューバ音楽、ジャズ、そして演歌も入るのだろうか?民衆の喜び、怒り、悲しみ、楽しみが湧き出たどろどろした世界に惹かれるのだろう。

 タンゴはアルゼンチン・ブエノスアイレスの民衆の祭から生まれ、スラム街と娼家で育まれた。タンゴは社会の底辺に生きる人々の感性的な表現だった。港を通じて欧州へ渡り、認知されて正当性を獲得し、世界に広まった。

 今晩、「You Tybe」で、映画「タンゴレッスン」の映像を見た。世界的なチェリストであるヨーヨー・マが奏でるアストル・ピアソラの「リベルタンゴ」をバックに、ダンサーが舞う。情熱の響きと狂おしさに魅了された。タンゴは現代という時代に、忘れられてはならない情念の美しさを教えてくれる。

「You Tube : リベルタンゴ/タンゴレッスン」

« 「無援の叙情」 | トップページ | 「難民キャンプの子どもたち」 »

音楽」カテゴリの記事