« 不思議な赤い糸 | トップページ | U-18奈良県サッカーリーグ2008(前期)【3部結果】 »

2008年4月20日 (日)

講習会を受講して

 4/19(土)「公認スポーツリーダー養成コース(スポーツ少年団認定員養成コース)」の講師研修会を受講した。スポーツ少年団との関わりは15年以上前になる。子どもたちのスポーツのことを知りたいと思い、当時の「スポーツ少年団認定員養成コース」を受講した。
 現在、ソレステレージャ奈良2002ジュニアはスポーツ少年団に加盟している。その前身である西奈良ニーノスFC(二名FC、青和FC)、登美ケ丘SCは創設当初からスポーツ少年団に加盟していた。現在加盟しているのもその流れを組んでいる。
 日本スポーツ少年団は1962年(昭和37年)に創設された。スポーツ少年団の理念は、スポーツを通じた青少年の健全な育成である。将来を担う青少年がスポーツを通じて健やかにそして調和のとれた「からだ」と「こころ」の成長を遂げることを目的としている。
 講習会を受講して、いまさらながらに、スポーツ少年団の意義を再認識した。現在のような社会状況、子どもたちの状況だからこそ、今まで以上にスポーツ少年団の重要性は増している。
 スポーツ少年団日独交流で、20日間ドイツを訪問された方と雑談できた。会社勤めをしていたので20日余りの休暇をとるのが大変だったと話されていた。その話を聞き、いつかは私もそのような機会が与えられドイツを訪問したい気持ちになった。

« 不思議な赤い糸 | トップページ | U-18奈良県サッカーリーグ2008(前期)【3部結果】 »

モノローグ」カテゴリの記事