« 東京での講習会から一度帰って | トップページ | 「N700系」の車内で »

2007年12月14日 (金)

「N700系」を見て

 今回の講習会に参加するため乗車券と宿泊がセットになった格安ビジネスパックを職場関係の旅行社に依頼していた。先週、ビジネスパックを手配できたと旅行社から電話があった。「1回目は新幹線利用、2回目は飛行機利用でパックを手配しました。どちらも宿泊は新宿です。新幹線利用のほうが割高になりました。12/13東京駅からの帰りの新幹線は『N700系』にしました」 「その『N700系』て何なの?」 「新幹線の新型車です。人気があります。乗り心地がいいです」 「そんなもん、どうでもいい。小学生じゃあるまいし」

 12/13(木)18:30頃東京駅に着いた。すでに18:50東京駅発「のぞみ051号」はホ-ムに到着しておりドアは閉まったままで車内清掃をしていた。15号車前で『N700』というマ-クをカメラにおさめていた壮年男性、若者がいた。中年のカップルが記念写真を撮っていた。それにつられて私も『N700系』モ-ドに入ってしまった。窓から車内を覗き込んだ。ソファ-の色合いが少し違う。窓も従来の車両より小さい。そういえば新聞で特殊なものが使用されているとか書いてあったのを思い出した。

 最後尾の運転席のある車両まで出向き、その形状を確認しに行った。私はといえば、隣ホ-ムに停車している旧型車とずっとその車体の奇妙な形状を比較しながら見とれていた。「そんなもん、どうでもいい。小学生じゃあるまいし」と言ったことなど忘れ去っていた。その時、私はまるで乗り物好きの小学生のようであった。旅行社の若者に感謝!!

「N700系スペシャル」Webサイト

« 東京での講習会から一度帰って | トップページ | 「N700系」の車内で »

モノローグ」カテゴリの記事