« 愛農学園農業高等学校 | トップページ | 「湯船で夜景」が人気 »

2007年11月29日 (木)

「テネシ-ワルツ」がBGMで

 今晩、職場仲間と静かな居酒屋へ入った。席に着き落ち着いた時、郷愁を誘う懐かしい曲がBGMでかかっていた。その曲は「テネシ-ワルツ」。パティ・ペイジが歌い世界的なミリオンセラ-になり、日本では今は亡き江里チエミがカバ-して歌っていたスロ-ワルツのラブソングだ。

 「私はテネシ-ワルツが流れている中、彼氏に私の友達を紹介した。彼氏はともだちと楽しそうに踊っていた。その曲が終わり、二人はどこかへ消えて行ってしまった。私は憶えている。テネシ-ワルツが流れていたその夜を。」そのような意味合いの歌だと、おぼろげながら記憶している。

 日常の時間の流れの中で、時たま予期もすることなく、何かを契機として非日常の時間が突然に襲ってくる時がある。今日もそうだった。好きな曲だったが忘れ去っていた。自宅に戻って夜遅く、久しぶりにCDでパテイ・ペイジの「テネシ-ワルツ」を聞いた。

「テネシ-ワルツ」:パティ・ペイジ

「テネシ-ワルツ」:江里チエミ

« 愛農学園農業高等学校 | トップページ | 「湯船で夜景」が人気 »

モノローグ」カテゴリの記事