« それしかなかったから! | トップページ | Books 「フランスサッカ-のプロフェショナル・コ-チング」 »

2007年9月30日 (日)

知らないことばかり

 昨晩、京都・伏見に住む長女が自宅にやって来た。近鉄・富雄駅近くの居酒屋での飲み会に参加するようだ。奈良市立二名中学校卒業生で介護関係の仕事をしている若者たちの集まりらしい。どこでどうなったのかは知る由もないが、同級生・同窓生ということだけで集まるのではなく、そこにもう一つの共通項があるのは意味と意義があることだ。

 その日、長女から聞いた。「敬老の日」に長野にいる息子が祖母二人に電話をかけたということを。どんな内容の話をしたのかは知らない。妻がそうさせたのだろうと思ったがそうではないらしい。長女曰く、「意外とええとこもあるんや!」。確かに「ええとこ」もあるようだ。

« それしかなかったから! | トップページ | Books 「フランスサッカ-のプロフェショナル・コ-チング」 »

モノローグ」カテゴリの記事