« 「大正デモクラシ-」 | トップページ | 第22回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)奈良県大会 【決勝リ-グ試合結果】 »

2007年5月 6日 (日)

つるの橋

環状線・桃谷駅を降りて、桃谷本通 商店街を東に向かい、南北に走る「疎開道路」を横切った場所に「史跡・日本最古 つるの橋跡」がある。江戸時代・元禄14年(1698年)に「摂陽群談」に、「猪甘津橋(いかいつはし)東生郡猪飼野村にあり。此処平野川筋にして、008小橋村の南、木村の堤の上より東に渉り、猪飼野村に至る所也」と記載された文言が、「日本書記」に記された「猪甘津(いかいつ)の橋」「つるの橋」を結びつけた。なお、同文書に、「鶴橋 東生郡猪東小橋村、平野川筋にあり。昔此橋の辺に、鶴多集まる事あり。夫より以来、橋の号と成と云えり」とも記載されている。

今は大阪の下町であるが、かつては、その地に鶴が舞い降り舞い上がり、美しい自然の風景があったのだろう。「猪甘津(いかいつ)の橋」と「つるの橋」とが同一の場所にあった橋であるという根拠はない。しかしながら、それが別の橋であったとしても、同じ地域にあったことは、人それぞれの心の浪漫を醸し出す。

【参考資料 編集:猪飼野保存会「猪飼野郷土誌」】

« 「大正デモクラシ-」 | トップページ | 第22回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)奈良県大会 【決勝リ-グ試合結果】 »

うぶすな鶴橋」カテゴリの記事