« 「アポ」してから遊ぶという常識 | トップページ | 比賣許曾神社 »

2007年5月19日 (土)

日光・月光菩薩の二人旅

5/19(土)奈良新聞掲載記事によると、薬師寺金堂の「日光菩薩」「月光菩薩」が初めて二体そろって、来春、東京博物館で開催される「国宝薬師寺展」に出展することが決まった。白鳳時代に作られた日光・月光菩薩は、国内の仏教彫刻で最高傑作のひとつであり国宝に指定されている。

白鳳時代から寺内にある二体のうち、「月光菩薩」は、昭和46年に一度だけ東京へ赴いた。「日光菩薩」は初めて寺外に出る。亀井勝一郎「大和古寺風物誌」の中で、「白鳳仏にこもる祈りは柔軟に音楽的なのだ」と記した。来春、東京博物館にて、芳しい「音楽」を奏でるであろう。「日光菩薩」「月光菩薩」の二体の初旅の無事を祈る

« 「アポ」してから遊ぶという常識 | トップページ | 比賣許曾神社 »

文化・芸術」カテゴリの記事