« 監督という言葉は必要か? | トップページ | フットボ-ルカンファレンス・ノ-ト(1) »

2007年2月11日 (日)

うぶすな(産土)

私は、今、生存している。昭和28年に生まれ53年間にわたりこの世に生きてきたことは事実である。私は、どこから来て、どこにいて、どこへいこうとするのか。人には誰もが、その原初的な時間と空間である「場」をもつ。それを「ふるさと」「故郷」「郷土」と言葉で呼んでいるのかもしれない。もうひとつ言葉を付け加えれば、「産土」(うぶすな)である。

私の「うぶすな」とは、どこか? 私は確信を持って言うことができる。そこは、私が産まれ育った町である「大阪・鶴橋・大成通り」であると。「うぶすな鶴橋」として、まとまりもなく書き記そうと思う。私を見守ってくれ育ててくれた「もうひとつの学校」であった「路地裏」のすべての人々に対して感謝を込めて。

« 監督という言葉は必要か? | トップページ | フットボ-ルカンファレンス・ノ-ト(1) »

うぶすな大成通」カテゴリの記事